つる植物壁面緑化 ヘデラ登ハンシステム

壁面緑化に用いられる主な 『つる植物』
樹種は、常緑のヘデラ類を主体とすることで剪定管理を省力化できます。
壁面の高さが3m以上の場合は、ヘデラ類を基本種とし、生長が早い樹種を混植することをおすすめします。
ヘデラ・へリックス ヘデラ・カナリエンシス ヘデラ・カナリエンシス
‘バリエガータ’
ヘデラ・へリックス
‘グレーシャー’
省管理型の樹種
ヘデラの中では比較的生長が早い
省管理型の樹種
ヘデラの中では最も生長が早い
省管理型の樹種
斑入り葉の中では生長が早い
省管理型の樹種
斑入り葉で低い壁面に適する
キヅタ ★ アメリカツルマサキ
‘コロラータス’
オオイタビ ★ ビグノニア
(ツリガネカズラ)
省管理型の樹種
生長はヘデラ類より遅い
省管理型の樹種
寒冷地でも生育可能
生長は遅いが葉が小さく密に覆う
耐潮性がある 関東以南で生育
春に釣鐘状の花が咲く
壁面の幅が狭い場所にも適する
テイカカズラ ★ ムベ ★ カロライナジャスミン ツルハナナス
初夏に花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
秋にアケビに似た実を付ける
ヘデラ類との混植がおすすめ
春に株を覆うように花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
夏に花が咲く 関東以南で生育
ヘデラ類との混植がおすすめ
ハゴロモジャスミン
クレマチス(常緑)
‘アルマンディ’
ビナンカズラ ★
(サネカズラ)
トケイソウ
初夏に芳香のある花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
春に芳香のある花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
秋に赤い実がなる
ヘデラ類との混植がおすすめ
高壁面の早期緑化に適する
ヘデラ類との混植がおすすめ
スイカズラ ★ ツキヌキニンドウ ノウゼンカズラ ナツヅタ ★
初夏に芳香のある花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
初夏から初秋にかけて花が咲く
ヘデラ類との混植がおすすめ
緑量があり早期緑化に適する
ヘデラ類との混植がおすすめ
秋の紅葉が美しい
ガラス面にも付着するため要注意
 
★:在来種
つる植物 一覧表
区分 植物名 登はん形態 被覆状態の特徴 被覆速度 登はん補助資材 省管理樹種 在来種
資材なし 金網のみ 本システム
常緑 ヘデラ・カナリエンシス × 付着根 全面平滑的 密 普通  
ヘデラ・ヘリックス × 付着根 全面平滑的 密 普通  
キヅタ × 付着根 全面平滑的 密 遅い
アメリカツルマサキ・コロラータス 付着根 全面平滑的 密 普通  
オオイタビ 付着根 全面平滑的 密 遅い
ツリガネカズラ(ビグノニア) 巻ひげ、付着盤 分枝がなく直線的で疎 早い  
テイカカズラ 付着根、巻つる 全面平滑的 疎 普通  
カロライナジャスミン 巻つる 下部が疎になり易い 早い ×    
ムベ 巻つる 下部が疎になり易い 早い ×  
ビナンカズラ(サネカズラ) 巻つる 下部が疎になり易い 普通 ×  
クレマチス・アルマンディー 巻葉柄 下部が疎になり易い 普通 ×    
ツルハナナス 巻つる 上部が密になり易い 早い ×    
ハゴロモジャスミン 巻つる 上部が密になり易い 早い ×    
半常緑 スイカズラ 巻つる 下部が疎になり易い 早い ×  
ツキヌキニンドウ 巻つる 下部が疎になり易い 早い ×    
トケイソウ 巻ひげ 下部が疎になる 早い ×    
落葉 ナツヅタ 付着盤 全面平滑的 密 普通  
ノウゼンカズラ 付着根、巻つる 下部が疎になり易い 早い    
フジ 巻つる 下部が疎になる 早い ×  
アケビ 巻つる 下部が疎になり易い 早い ×  
ナツユキカズラ 巻つる 下部が疎になる 早い ×    
ツルアジサイ 付着根 下部は疎になり易い 早い  
クレマチス類(テッセン) 巻葉柄 下部が疎になり易い 普通 ×    
   花    登はん補助資材 (背後に壁材がある場合)
◎ 観賞性が高く花期が長い ◎ 最適
○ 観賞性のある花が咲く ○ 適
△ 花は咲くが観賞性が低い △ 可
× ほとんど咲かない × 不可
地域の気候、壁面の向き、日当たり、風、及び管理の形態等のご要望に合わせ、適切な樹種の組合せをご提案しております。お気軽にご相談ください。
緑化情報ナビ  ・・・ 緑化樹木の情報サイトです。 各樹種の写真や特徴などが掲載されています。

ヘデラ登ハンシステム 製品紹介ページ へ
各種製品カタログ ダウンロードできます!
ダイトウテクノグリーン株式会社 トップページへ

Copyright 2001 Daitou Techno Green, Inc. All rirgts reserved.